のぼり旗の生地について

のぼり効果で大繁盛?

綿、化織、ビニール素材の3種類になります。

のぼり旗の生地について

のぼり旗の生地には、大きくわけて3種類あります。

一つは綿、もう一つは化織、さらにビニール素材です。

ここではそれぞれの生地の特徴についてご紹介いたします。

まず綿の生地ですが、この綿にも色々な種類があります。

例えば、金巾(かなきん)と呼ばれるもので、これはのぼりに使用する薄手の素材です。

和風のお店や神社に適しているでしょう。

さらに、天竺(てんじく)という生地もあって、これは金巾よりやや厚手です。

のぼりのほかに、社旗にも使用されているようです。

天竺より厚めの記事はシャークスキンと呼ばれています。

さらには葛城(かつらぎ)とよばれる生地もあり、これは生地を織るときに、斜めに縦の糸と横の糸を入れて織っているので、上下、また左右の力に強く、丈夫な生地となっています。

次に紹介するのが、化織ですが、これはポリエステルのことです。

この生地にも色々ありまして、例えばテトロンポンジというものがあります。

これはのぼりに一番多く使用されている素材で、薄くて乾きやすいものになっています。

テトロンポンジより少し厚めの生地が、トロピカルと呼ばれる生地です。

さらに耐久性と高級感を求めるなら、ツイルという生地も良いでしょう。

最後にビニール素材ですが、その中にはターポリンと呼ばれるものや、メッシュターポリンというものがあります。

のぼり効果で大繁盛? Copyright (C) www.judicialscrivener.info. All Rights Reserved.