のぼり製作時のポイント

のぼり効果で大繁盛?

字の大きさ、数、フォントで変わるイメージ。

のぼり製作時のポイント

どうすれば、目立つよいのぼり旗を作ることができるでしょうか。

ここではいくつかのポイントをご紹介いたします。

まず、のぼりのわきには、文字を入れない方がきれいにみえます。

ワキに文字を入れることで、中心の一番大切な部分が目立たなくなってしまうからです。

ですから、真ん中に大きい文字を配置することで、すっきりと目立つのぼりを作ることができます。

さらに文字数ですが、これもあまり多くしないようにしましょう。

文字が多いとごちゃごちゃしているように見えて、お客様が読む気を失うこともあります。

ぱっと一目で伝わるインパクトのあるのぼり旗を作るには、短いセンテンスを並べるようにしましょう。

さらに文字のフォントですが、それはのぼりの使い道によって使い分けましょう。

例えば飲食店ののぼりの場合は、柔らかいフォントを使うことで、お客様にワクワクした感じを伝えることができます。

さらにはもし不動産会社等でのぼりを立てる場合は、やはりがっしりとしたフォントにすると、お客様に安心感を伝えることができます。

もし企業展などでのぼりを使う場合は、形の整ったフォントにすれば信頼感を与えることができます。

字の大きさ、数、フォントで与えるイメージが全然変わってくるんですね。

のぼり効果で大繁盛? Copyright (C) www.judicialscrivener.info. All Rights Reserved.