のぼり旗の使用期間

のぼり効果で大繁盛?

通常は2〜3か月です。

のぼり旗の使用期間

のぼり旗の使用期間はどれくらいなのでしょうか。

これはのぼりや旗を設置する条件や場所によって、使用できる期間が変わってきます。

設置条件にもよりますが、一般的なのぼりは、2〜3か月程度の耐久性になるでしょう。

もし、強風や、雨が当たるところ、また直射日光が当たるところですと、使用できる期間がもっと短くなるかもしれません。

もし長い間、そのままの状態でのぼりを使用し続けると、生地のほつれが生じ、破損の恐れがあります。

またポール立ても一緒です。

雨、風に当たっているとやはり、劣化しやすいので、のぼりと共に、ポール立ての寿命にも気を配りましょう。

もし、劣化したのぼりやポール立てを使っていると、イメージが悪くなりますし、最悪お客様にケガをさせることにつながりかねません。

それで安い生地でのぼり旗を何枚も作っておいて、劣化してきたら、取り替えるというようにしておけば、イメージUPにもつながりますし、のぼり旗の効果を最大に発揮することもできるでしょう。

そもそものぼりは、広告として目立たせるために作るものです。

ですから、きれいなのぼりをいつでも立てるようにしましょう。

そうすれば、のぼり効果を期待できます。

のぼり効果で大繁盛? Copyright (C) www.judicialscrivener.info. All Rights Reserved.